あなたの欲しいを形にする

オンラインマニュアル ー 自動噴出装置『リキッドジェット(Liquid Jet)』

  • HOME »
  • オンラインマニュアル ー 自動噴出装置『リキッドジェット(Liquid Jet)』

自動噴出装置『リキッドジェット(Liquid Jet)』のオンラインマニュアルです。

使用時の参考にしてください。

キッドジェット本体 乾電池(単1型アルカリ電池×2個)
詰め替え用ボトル 取扱説明書

■ケースカバーを開ける
ケースカバーを上に押し上げて取り外します。

※ケースカバーは片手で本体を押さえもう一方の片手でギザギザ部を押しながら上方向にスライドしてカバーを外して下さい。

■電池の入れ方/交換の仕方
電池(単1形アルカリ乾電池×2個)を挿入します。

※電池の挿入方向(+/-)に注意して下さい。
※乾電池は電池ボックスに乾電池を正しくセットして下さい。( 正しくセットされてない場合は運転ランプが点灯しない)

■自動電源オフ機能の設定
自動的に電源を切る機能です。以下の選択が可能です。
  • 電源投入後、8時間経過したら自動的に電源を切る。
  • 電源投入後、12時間経過したら自動的に電源を切る。
  • 自動電源オフ機能を使用しない。

 

※出荷時設定は12時間に設定してあります。

■ケースカバーを閉じる
ケースカバーを取り付けます。

※ケースカバーのセットはスライドしながら下に押し下げてカチッと音がするまでスライドさせて下さい。必ずしっかりと閉まっている事を確認して下さい。

■液剤の入れ方
液剤を入れる時は付属品の詰め替え用ボトルに液剤を移してから入れて下さい。

  1. 注水口のキャップを開けて下さい。
  2. 詰め替え用ボトルの先端を注水口に差し込み、液剤を注水して下さい。
    ※液体残量メモリを確認しながら、入れ過ぎに注意しながら注水して下さい。こぼした場合は必ず拭き取って下さい。
  3. 注水口のキャップを閉めて下さい。
    ※キャップがしっかりと閉まっている事を確認して下さい。

液の注入は注水口のキャップを外し横の目盛りの上部まで注入したのちキャップを閉めて下さい。

水道水などの水を使用する場合は詰め替えボトルの先端部を外して水を詰替えボトルに給水した後にボトルの先端部を取付けて本体の注水口から水を給水して下さい。

■電源の入れ方
電源ボタンを押して下さい。運転ランプが点灯すれば、電源が入った状態を表します。
■使い方
本体上面に手をかざすとセンサーで手を検知し、噴出口から霧状の液体が噴出されます。
本体上面から上方向に約10cmの所が適正位置です。
余り近過ぎると広角に噴出されません。
遠過ぎるとセンサにて検知できなくなります。
初めて液を注入し動作させる場合は数回動作させたのちにご使用下さい。
長時間放置後も同じように数回動作させてから使用して下さい。
手をかざす距離は本体より10cm 前後にかざして下さい。
指、切手などに小さいものに噴出する場合はセンサー側よりかざして下さい。
( 本体から2cm~5cm)
■電源の切り方
自動電源オフ機能を使用していない、あるいは使用しているが設定時間を経過していない場合は手動にて電源を落として下さい。

電源を切る際には電源ボタンを押して下さい。
運転ランプが消灯すれば、電源が切れた状態を表します。

■乾電池の交換警告機能
乾電池の交換は寿命に近づくと運転ランプが点滅しますので乾電池を交換して下さい 。
■使用上の注意
○設置について

  • 不安定な場所に設置しないで下さい。
  • 水平な場所に設置して下さい。
  • 本体を倒して使用しないで下さい。
  • 本体の上に物を置かないで下さい。
○移動時について

  • 移動するときは電源を切ってから移動して下さい。
○動作中について

  • 本体に顔を近づけないようにして下さい。目安としては噴出口の20cm以内は避けて下さい。薬剤が目や口に入る恐れがあります。特に、乳幼児やペットのいる場合は十分にご注意下さい。
○液剤について

  • 液剤は、弊社でも推奨品を準備しておりますが、基本的には市販品のご使用は可能です。ただし、粘度の高い液(ゲル状)は使用しないで下さい。もし、市販品をご使用になる場合はその商品に対するお問い合わせはそのメーカーにお問い合わせ下さい。
  • 液剤を混合しないで下さい。
  • 液剤に消毒液を用いる場合はその液剤の使用上の注意をよく読んで御使用下さい。
○使用環境について

  • 使用する場合は液が凍らない環境で使用してください。
  • 火の気のある場所での使用は避けて下さい。アルコールに引火し、火災になる恐れがあります。
○メンテナンスについて

  • 定期的に布等で本体の拭き清掃を行って下さい。特にセンサー部の汚れは誤動作や故障の原因になります。
  • 水道水などの水を使用する場合は毎日新しい水と入れ換えて下さい。( 菌の増殖防止)
  • センサー部が汚れていたら清掃して下さい。
  • 長時間放置する場合は電池を抜いて下さい。

○その他

  • 本体を分解しないで下さい。分解した場合の本製品の保証はし兼ねますのでご注意下さい。

リキッドジェット拡散型
使用目的 自動液剤噴出装置
噴出角 広角(拡散噴出タイプ)
検知動作(センサー検知) 赤外線検知
10cm±3cm 前後(カバー面からの検知距離)
動作時間( メカ動作) 0.99 秒以下
液体の噴出方式 加圧ノズル方式
液体タンク容量( 本体) 80ml ( 約1000 回相当)
パワーON、OFF 機能スイッチのタイプ 自動OFF 機能有り
3 段切替(8H、12H、連続)
消費電力(目安)
・非動作時電池寿命 750 時間相当以上
・動作回数(連続時) 約50000 回/ 電池
電源( アルカリ電池) 1.5V×2 本
本体色 ホワイト/ピンク/ブルー/ブラック/シルバー
装置の大きさ 巾× 奥行き× 高さ(mm) 120×130×122
使用可能液体 消毒液( 標準消毒用エタノール液)
標準付属品 ・乾電池( 単一×2 本)
・詰め替え用ボトル(100ml/ ボトル)
消耗品・オプション品 ・乾電池( 単一×2 本)
・消毒液(100ml/ ボトル)

※使用する液剤については、消毒液に限らず、水道水、IPA等、他にも用途によって選択する事が可能です。もし、ご使用目的により特定の液剤の使用可否を確認したい場合は、弊社に必ずお問い合わせ下さい(E-Mail : info@risezero.co.jp)。 ご確認頂けない状況でその特定の液剤を使用し、本製品に故障が生じた場合は、保証できない可能性もございますので、ご了承下さい。

※リキッドジェットに除菌液を使用する場合はこちらをご確認下さい。
→ リキッドジェットに除菌液を使用した場合の使用上の注意

 

 

症状 原因 対処方法
電源ボタンを押しても運転ランプが点かない。 乾電池が入っていない。 ケースカバーを開けて確認して下さい。
乾電池が正しくセットされていない(+/-の方向が間違っている)。 ケースカバーを開けて乾電池の向きを確認して下さい。
乾電池が寿命になっている。 新品の乾電池に交換して下さい。
運転ランプが点いているのに手をかざしても動作しない。 センサー部分に汚れ付いている。 センサー部分を清掃して下さい。
動作はしているのに液剤が出てこない。 液剤が空になっている。 液剤を補充して下さい。
上記の対処を施しても解決しない。あるいは、上記以外の症状が発生している。 直ぐに電源を切って、販売店にお問い合わせ下さい。  

・乾電池( 単一×2 本) ・消毒液(100ml/ ボトル) ・消毒液(500ml/ ボトル) 盗難防止用プレート
   
・表示プレート(黒) ・表示プレート(シルバー)    

※乾電池は市販品をご購入下さい。

※消毒液は弊社推奨品も準備しておりますが、市販品もご使用になれます。ただし、市販品をご使用の際は、消毒液は液体アルコールタイプをご使用下さい(ゲル状の物は不可)。

※市販の商品に対するご問い合わせは弊社ではお受けできませんのでご了承下さい。

オンラインマニュアル PDF版を入手したい方はこちら → Installation_Manual_Ver1.007

PAGETOP
Copyright © ライズテック株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.